So-net無料ブログ作成
検索選択

豆腐川のその後・・・ [豆腐川のコト]

アカテガニの住む豆腐川のその後・・・


開発業者の社長さんへ「もう一度、木と川を残すことを考えてください」と
住民は要望をしたのですが、聞きいれられず
まずは、木の伐採がいつ始まっても、という状況になりました。
私なんかは、もう、木は切られてしまうかも・・・とあきらめかけていた時
木の上に、鳥の巣があることが確認されました。
カラスの巣ですが、ヒナが育っていることも確認されました。


鎌倉市は全域が「鳥獣保護法」という法律の保護区になっているそうで
カラスは一応、害鳥とされていますが(全く人間の勝手なんですが・・・)
卵のある巣やヒナが育っている時の巣は
獲ってはいけない、と、その法律で定められているそうです。
木を切る行為は「カラスのヒナの捕獲」ともとれるので
してはならない、とのこと。
業者も「カラスのヒナが巣立つまでは木を切らない」という決定をしたとか。


私は、カラスがこの木を守るために、この木に巣作りをしたんだ!思います。
私のおじいちゃんは、昔、カラスを飼っていて
とても利口だったと言っていました。
人間に向かってくるのは、人間がカラスに害を与えるからで
カラスがゴミをあさるのは、人間がちゃんとゴミを捨てないからで
決してカラスが悪い訳ではないと・・・。
カラスは土地によっては神様でもあるし、カラスが私たち人間に
何かを警告しているのかもしれませんね・・・。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。